Benock X Seven Pantaleone

Benock X Seven Pantaleone


Merging mallet with blade-like influences the Pantaleone is a sight to behold. We are very proud of this design for many reasons. Its thinner top line was explicitly made to create flow and progression from a muscle back iron to blade wedges into a putter top line and toe that brings it all together.

 

The Pantaleone’s double bend micro-milled neck allows the putters design to position weight evenly for the perfect balance. By implementing a higher sharper toe, it not only a better wedge to putter flow but it also adds weight to the toe further improving stability and MOI.

 

The face milling design of the Pantaleone putter has been years in the making by Jun Okuda owner and designer of Benock Putters. This is his softest feeling face milling pattern to date designed to help the ball roll a little further with a shorter stroke and repel the adverse effects of moisture on the face or ball.

 

The Pantaleone details are stunning from every angle. Not a single edge is hand polished the entire head, and all of its beautiful curves are micro-milled. When you receive your putter look very closely, even with a magnifying glass if you must. Benock X SEVEN is unrivaled.

マレットにブレードの特徴を融合させたPantaleoneのデザインは目を見張るものがあります。 我々がこのパターのデザインに自信を持っている理由がいくつかあります。 薄めのトップラインはマッスルバックアイアンとブレード型のウエッジからの繋がりを意識しセットの一体感を実現します。

 

Pantaleoneのマイクロミーリングで整形されたダブルベンドネックは理想的な重量配分を可能としました。 高さのあるシャープなトウはウエッジからの繋がりを良くするだけではなく、トウへ重量を移動することでMOIと安定性を更に高めます。

 

Pantaleoneで採用されているフェースのミーリングパターンはBenock社奥田社長の長年の経験と知識により導かれたデザインです。 このフェース面のミーリングはこれまでに無い柔らかい打感と短めのストロークでも伸びの良い転がりを促進し、高い水捌け効果も期待できます。

 

Pantaleoneのディテールはどの角度から見ても素晴らしく美しいものです。 手による研磨は一切行っておらず、その美しい曲面は全て高精度マイクロミーリングの仕上がりです。 是非実際にパターを手にして、虫眼鏡の下でご覧ください。 Benock X SEVENを超えるパターはもはや存在しません。

ヘッド重量 | Head Weight ( g ) 350
ライ角 | Loft ( ° ) 3
バランス角 | Balance Angle ( ° ) 48
ロフト | Lie Angle ( ° ) 69
重心高さ | C.G Height ( ” ) 13
重心深度 | Weight Depth ( ” ) 10.5

TECHNOLOGY

When the golf club is firmer in certain areas spin performance and feel greatly improves our proprietary tempering process is started at 850 degrees for 4 hours then we cool it down to 500 degrees in a specialized vacuum atmosphere.

ゴルフクラブの特定箇所の表面硬度を周辺箇所と比較し、硬度を若干上げることにより、スピン性能と打感は著しく向上します。 弊社特有の焼き戻し処理は850度にて4時間、その後特殊な真空環境にて500度まで冷やします。

All of SEVENs materials and manufacturing from grinding to milling to finish is done 100% in Japan. JAPAN PRIDE!

Seven製品については、日本国内産の素材調達、グラインドからミーリング、仕上げの全製造工程を100%日本国内にて行っております。Japan Pride!

All of SEVENs materials and manufacturing from grinding to milling to finish is done 100% in Japan. JAPAN PRIDE!

Seven製品については、日本国内産の素材調達、グラインドからミーリング、仕上げの全製造工程を100%日本国内にて行っております。Japan Pride!

Details